• eyecatch01.jpg

  • eyecatch02.jpg

  • eyecatch03.jpg

  • eyecatch04.jpg

2010_04_1.png

協立病院リウマチ科外来で取り扱う疾患についてお話しします。
代表的なものは関節リウマチです。手指をはじめ全身のあちこちの関節が腫れて痛み、徐々に変形する病気です。近年は抗リウマチ薬の発達がめざましく、特に発症初期に有効な薬を使用すると痛みが著しく改善して関節の変形を防げますので、ぜひ専門医資格のある当科で治療していただければと思います。なお、手指の第1関節の変形の場合がほとんど変形性関節症ですので、さほど心配する必要はありませんが、念のため一度検査してもらいたいという方もぜひお越しください。
 その他、膝や肩の関節痛、首や背中・腰の痛み、手足のしびれ、痛風、骨粗鬆症など骨・関節・筋肉の多くの疾患が対象となります。レントゲン・CT・MRI・血液検査などで診断を行い、薬・注射・リハビリテーションを中心とした治療を行います。なお、協立病院では手術が行えませんので、手術が必要な患者さんには他の病院へ紹介させていただくことになります。
「患者さんの話をよく聞き、丁寧に説明し、納得できる治療を行う」ことが、医療生協の病院である当院の特徴です。医師ひとり体制のため、混雑しているときにはお待たせすることもあるかと思いますが、骨や関節のことでお悩みの方はどうぞ「リウマチ科」をご利用ください。

2010_04_2.png

2010_03.png

新型コロナウイルス感染拡大のため、ご自宅で過ごす時間が多いかと思います。
ご自宅で簡単にできる体操をご紹介しますので、ぜひチャレンジしてください‼

新着情報

contact_btn.jpgcontact_btn.jpg

practice_btn.jpgpractice_btn.jpg

information_btn.jpginformation_btn.jpg
information_btn01.pnginformation_btn01.png
information_btn02.pnginformation_btn02.png
information_btn03.pnginformation_btn03.png

01.jpg01.jpg
ban_nanohana.jpgban_nanohana.jpg
02.jpg02.jpg
03.jpg03.jpg
scholarshipsystem.jpgscholarshipsystem.jpg